幾度とない禁煙の失敗に諦めかけている貴方、この禁煙補助剤を使って最後にしてみませんか?ネットの口コミで効果があると言われている禁煙補助剤についての情報サイトです。

禁煙補助剤を用いた治療で肺がんなどの身体へのリスク

喫煙を恒常的に行うことによって、肺がんやその他の身体の疾患が引き起こされることがデータとして表わされています。
欧米ではたばこを吸う男性の肺がんの危険性は、吸わない人と比較したときにおよそ10倍の違いがあることが報告されており、日本でも肺がんのリスクが高まることが知られています。
喫煙が原因となる疾患は肺がん以外にも注目されており、COPDと呼ばれる慢性閉塞性肺疾患などもあります。
たばこは吸い続けることによって、疾患の症状は悪化していきますが、早期に禁煙すれば身体への負担を減らして、健康的な人と変わりのない生活を送ることができます。
たばこが止められない主な原因としては、ニコチンを摂取することが日常的になっていると、脳内の覚醒物質が減少していく離脱症状があらわれることや、受容体と結合することで放出されるドーパミンの影響であると考えられています。
ニコチンには中毒性があり、依存症になってしまうと止めたときの離脱症状が強くあらわれます。
そのためにニコチンが含まれている製剤を使用して禁煙治療を行うことが多かったですが、最近ではニコチンを含んでいない禁煙補助剤を用いた治療が主流となっています。
禁煙補助剤のチャンピックスは、ニコチンを摂取することなく受容体と結合することができますので、程度にドーパミンを放出させる効果があり、禁煙時の離脱症状を緩和してくれます。
離脱症状が感じにくくなるために、身体への負担が軽減されて禁煙の達成率を高めることができます。
チャンピックスの処方は、禁煙外来が設置されている医療機関などで行われており、3か月間の治療に関しては健康保険の適用を受けることができます。
禁煙補助剤のチャンピックスは医薬品ですので、医師の指導の下で用法や用量を守って服用する必要があります。