1から始める禁煙補助剤選び

幾度とない禁煙の失敗に諦めかけている貴方、この禁煙補助剤を使って最後にしてみませんか?ネットの口コミで効果があると言われている禁煙補助剤についての情報サイトです。

禁煙外来で処方される禁煙補助剤

禁煙外来は、専門的な禁煙の治療を受けられる場所です。
禁煙外来では、一人で自己流に禁煙を始めるのとは違って、お医者さんのアドバイスによって禁煙補助剤を処方してもらえるので、禁煙の成功率が高まる傾向にあります。

ただし、健康保険で禁煙治療を受けるためには、いくつかの条件が必要です。
まず、今すぐにでも禁煙を開始したいと思っていることが重要です。
喫煙本数×喫煙年数が200以上であることや、
ニコチン依存度を判定するテストで5点以上であること。
そして、医師から受けた禁煙治療の説明に同意することです。

禁煙補助剤には、主に貼り薬のタイプとニコチンを含まない飲み薬などがあります。
ニコチンを含まない飲み薬は、「ニコチン切れ」の症状を軽減させる効果があり、また、ニコチンが受容体に結合するのを防ぐことで、例えたばこを吸ってしまったとしても、おいしくないと感じさせるような効果もあるのです。

バレニクリンという一般名で知られる「チャンピックス」という禁煙補助剤が、保険適応となったことで、禁煙外来で処方される薬として、真っ先にあげられます。
チャンピックスは、ニコチン成分を含んでいない飲み薬タイプです。
このチャンピックスの最大の特長は、禁煙の治療を始めるにあたって、すぐさま禁煙しなくてもよい、という点にあります。
禁煙治療を開始してから、薬の服用量を少しずつ増やしていき、たばこを吸う本数を少しずつ減らしていく、という方法で治療を進めます。

たばこを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結びつくために、ドーパミンを放出させます。
このドーパミンとは、満足感を与える神経伝達物質です。
チャンピックスは、この受容体に有効成分が結合することで、ニコチンの半分ほどのドーパミンを放出させるので、たばこを吸わなくても、イライラなど、禁煙時に起こる症状を軽くしてくれます。

チャンピックスは、ニコチンガムやニコチンパッチなどとは異なり、薬局で売られているわけではないので、禁煙外来で処方される薬なのです。
必ず、医師の診察と処方箋が必要になりますので、医師のアドバイスに従って、適切に服用しましょう。

特に、禁煙治療中は、医師に相談なく、自分の判断で服用を中断しないことが重要になってきます。
自分の力だけで禁煙できると考えてしまうと、医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなってしまいますから、禁煙は一層難しいものになってしまいますから、しっかりとした決意をもって禁煙に臨みたいですね。